日本の鉄道貨物輸送と物流:目次へ
とはずがたりな掲示板 鉄 道貨物スレへ

塩釜埠頭駅 〜東北地方随一の石油発送拠点であった臨港貨物駅の残像〜
2017.2.15作成開始



 塩釜埠頭駅が所属した塩釜線は元を辿ると日本鉄道が1887(明治20)年に開業した線であり、大変歴史が深い。
 そして塩釜線や塩釜埠頭駅の名称に関しては、改称や統合が複雑でなかなかややこしい。
 簡単に整理をすると、上記地図に載せた辺りについては、1933(昭和8)年9月に開業した当時は塩釜港駅(貨物)であった。しかし1956(昭和 31)年 6月に塩釜港駅は塩釜埠頭駅に改称され、その1ヵ月後の同年7月には塩釜駅が塩釜港駅に改称され、同時に旅客営業が廃止された。
 その後、1986(昭和61)年10月に塩釜港駅は廃止され、同駅は塩釜埠頭駅に統合された。そして1990(平成2)年4月には塩釜埠頭駅の整理が行 われ、旧塩釜港駅−旧塩釜埠頭駅の線路が廃止された。つまりこの時点で上記地図の線路群が全て廃止されたということになる。尚、1989(平成元)年3月 に塩 釜埠頭駅はコンテナ扱いを開始したが、1994(平成6)年4月には営業を休止し1997(平成9)年4月に廃止され その長い歴史に終止符を打った。


塩釜埠頭駅接続の専用線一覧
専用者
第 三者利用者
(真荷主又は通運事業者等)
1961
年版
1964
年版
1967
年版
1970
年版
1975
年版
1983
年版
備  考
富士運輸倉庫(株)
三菱石油(株)
富士興産(株)
日本石油瓦斯(株)
日本石油(株)
出光興産(株)
(株)亀井商店
日本石油輸送(株)
岩谷産業(株)
シェル石油(株)
大協石油(株)




























×
×







×
×
×
×





×
×
×
×
×





×
×
×
×





1970年版以前は(株)亀井商店が専用者、富士運輸倉庫(株)は第三者利用者
小野田セメント(株)








日本セメント(株)






×

日本石油(株)
石油荷役(株)







エッソ石油(株)
ゼネラル石油(株)
日本石油輸送(株)






日本石油輸送(株)は1975年版以降
ゼネラル石油(株)は1967年版以降
宮城県







公共臨港線
大協石油(株)


出光興産(株)
シェル石油(株)
共同石油(株)
丸紅(株)
品川燃料(株)
丸善石油(株)
エッソ石油(株)
三井物産(株)
富士運輸倉庫(株)
日本オイルターミナル(株)
モービル石油(株)
渡兵運輸(株)
モービル石油(株)
日本オイルターミナル(株)

共同石油(株)



モービル石油(株)























































×











×




日本オイルターミナル(株)は1983年版のみ
モービル石油(株)は1975年版のみ
渡兵運輸(株)は1970年版のみ
モービル石油(株)は1970年版のみ、1964年版以前は塩釜港駅に専用線あり
日本オイルターミナル(株)は1983年版のみ 1987年3月廃止[4]p64



1964年版以前は塩釜港駅に東北丸善石油販売(株)の専用線あり
1983年版では使用休止
大昭和製紙(株)
塩釜港運送(株)






国鉄側線
−:未設置 ○:存在 △:使用休止 ×:廃止


所管駅
専用者
第三者利用者
1961
年版
1964
年版
1967
年版
1970
年版
1975
年版
1983
年版
備考
塩釜港
(株)亀井商店
三菱商事(株)
日本配合飼料(株)





×
三菱商事(株)は1961〜1970年版
日本配合飼料(株)は1967〜1975年版
塩釜港
東北丸善石油販売(株)
石油荷役(株)


×
×
×
×

塩釜港
出光興産(株)
塩釜港運送(株)


×
×
×
×

塩釜港
日本冷蔵(株)
塩釜港運送(株)
仙台運送(株)





×

塩釜魚市場
東北造船(株)
塩釜港運送(株)
塩釜通運(株)




×
×

塩釜魚市場
丸善石油(株)
石油荷役(株)





×



▼石油輸送

 塩釜埠頭駅の石油輸送は、仙台臨海鉄道の仙台北港駅が1971(昭和46)年10月に開業したことの影響を強く受けた。同駅には東北石油叶蜻苣サ油所 (現、新日本石油精製叶蜻苣サ油所)の専用線が接続しており、ジョイント輸送の進展などにより塩釜埠頭駅から仙台北港駅へ徐々に発送元が集約されていった ためだ。(三菱石油、日本石油へのジョイント輸送開始は1977年10月[4]p101)

 それでも『'85貨物時刻表』では、塩釜港発の石油専用列車は6本もある。内訳は漆 山行きが2本、楯山行きが1 本、盛岡(タ)行きが1本、二枚橋行きが1本、陸前山王行きが1本である。漆山行きは途中解結無しで同駅にはシェル、出光、丸善の専用線があり、楯山行き も解結無しで同駅はエッソの専用線、盛岡(タ)行きも解結無しで同駅は日本OT向けであろう。一方、二枚橋 行きは六原(三菱製紙)、北上(日石)、村崎野(昭石)、二枚橋(シェル)と解放をしており()内の専 用線向けの石油輸送だったと思われ る。陸前山王行きは、同駅で蔵王行き石油列車が連結を行っており、蔵 王駅 には共石の専用線が あったため同駅向けの輸送に継走されたと 想像される。また長町駅にはシェル、共石の専用線、岩沼駅にはゼネ石の専用線がありこれらも塩釜埠 頭駅から石油が到着していたと思わ れる。このように塩釜埠頭駅は岩手、山形両県の内陸油槽所向けを中心に石油タンク車輸送の一大拠点であったことが窺える。(専用線は「1983年版専用線 一覧表より」)

 この塩釜埠頭の各石油基地からの輸送が重要視されていた1つの具体例として、仙山線経由での山形方面への輸送においての「石油優先列車」(現在の石油専 用列車)の運行開始というものがある。これは仙山線の輸送力に制約があり秋冬期に使用割り当て制が行われ、石油元売各社はその対策に苦慮していたが、 1965(昭和40)年10月ダイヤ改正を機に同線に石油優先列車の運行が実現し輸送条件を著しく改善したものであった。これは日本石油輸送(JOT)の 運用タンク車を対象としたものとしては最初であった。[5]p120-121

 『塩釜市統計書』によると、塩釜埠頭駅の発送量は1985 (昭和 60)年は219千トン、1986(昭和61)年は149千トンであったが、1987(昭和62)年は僅か1千トンに激減した。この時点で塩釜埠頭駅の石 油輸送は全廃されたと見ていいだろう。

 仙台臨海鉄道鰍ヘ塩釜港駅及び塩釜埠頭駅の入換業務の受託を受けていたが、1984年9月に丸善石油が一部を残し大部分をローリー輸送に切り替えられた のを皮切りに、元売各社は次々と塩釜埠頭駅一本松石油基地から撤退し、1987年3月に昭和シェル石油の撤退により石油発送は皆無となり、受託業務廃止と なった。[4]p63-64

 その一方で仙台臨海鉄道の石油製品の輸送量は、 『鉄道統計年報』によれば、1985年度は552千トン、1986年度は572千トンだが、1987年度は647千トンと前年度より75千トンも伸びてい る。塩釜埠頭駅からのタンク車輸送は一部はローリー輸送へと転換された分もある筈(楯山駅のエッソ石油向けの輸送など)だが、それでも相当な量が仙台北港 駅に移管されたことが窺える。

 下記の塩釜埠頭駅の専用線一覧表を見ると石油元売各社が軒並み専用線を敷設していたことがよく分かる。また品川燃料鰍竓竰J産業鰍フように短期間しかそ の名前が現れない荷主もあり興味深いところだ。

 現在の塩釜港区に立地する油槽所としては、最大規模を誇った日本石油渇槙油槽所は閉鎖され姿を消したが、カメイ渇 釜貞山油槽所、エ クソンモービル(有)塩 釜油槽所、出光興産渇槙油槽所、昭和シェル石油渇 釜油槽所、東 西オイルターミナ ル渇槙油槽所梶i旧、コスモ石油渇槙油槽所)、丸紅渇 釜油槽所、 ジャパンエナジー塩釜 LPG基地、品川燃料渇槙油槽所など各社の油槽所が規模を縮小しつつも現存([10]や各社webを参照)している。


▼セメント輸送



inserted by FC2 system